妙義山麓美術館

 

*9/14~開館時間が変更になります。

10:00~16:30閉館(入館16:00まで)

火・水曜日:休館

 

    

 

 

 

 

妙義山麓美術館 概観   

 

新インターネット美術館

 <時崎節子 様>

日本はがき芸術作家展・主な賞歴 

平成21年・第15回展:会員推挙
平成22年・第16回展:台北首都ロータリー賞
平成22年・ソウル:韓国展出品
平成23年・第17回展:会員・高崎北ロータリー賞
平成24年・第18回展:会員・富岡製糸愛好賞
平成25年・第19回展:会員・国際文化愛好賞
平成26年・第20回展:会員・カナル山の家賞
平成27年・第21回展:会員・トルコ文化交流賞
平成28年・第22回展:会員・シャンゴ賞
平成29年・第23回展:会員・県西部地区郵便局賞

人間の顔は芸術の究極の題材だ。
顔を描くということは心の底に抱いている個人的な感情が
表れる。
時﨑作品も筆を運ぶにつれ作家の思いが、だんだんと
描き手自身の若き日の顔に蘇生してくるようだ。
無頓着に帽子をかぶり、喜びや楽しみや憂いなどを
筆の伝統的な決まりごとなど意識ぜず、自由自在で変化に
富んだ筆さばきは、いい加減では無く、良い加減の作品で
温かみとユニークさが伝わってくる。

<作品1><作品1>

 

<作品2><作品2> 

 

<作品3><作品3>

 

 

<作品4><作品4>

<作品5><作品5>